伸び続けるスタートアップ企業

みなさま今日もお疲れさまでした!

天気も崩れていたため、気温も低くなっています。

体調にはお気を付けください。

今日は伸び続けるスタートアップ企業の特徴をみてみましょう

「ゼロイチ」よりもスケール化

みなさんはアイディアを持つことはたくさんあると思います。

それを会社として立ち上げる”ゼロイチ”は難しいといわれますが、実はそのアイディアをスケール化する方が格段に難しいといわれています。

なぜでしょうか?

それははるかに参考資料がはるかに下回っているからです

ベンチャーキャピタルの一人、マーク・アンドリーセンはこのように述べています。

・最初のプロダクトが成功しても、アーリーアダプタで終わるな

・次の主力プロダクトは、社内の「プロダクト発明家」を数えろ

・経営幹部と社員の上手なコミュニケーションは、経営陣の取扱説明書を公表せよ

・創業者がやめることは、超困難となる

・経営幹部の採用方法は、「A+」と「B+」の人材の差を知れ

です。

革新的なプロダクトは周りや社会に大きな注目を浴びる。

しかい、問題はここからで、その市場を狩りにいかなければ他に資本のあるところに吸いつくされてしまいます。

実際私自身はゼロイチの方が難しいと思っていたが、スケール化の方がスタートアップ企業は頭を悩ます事を知りました。

逆に参考がないほどわくわくさせるものも無いと思います。

どんな状況でも楽しんでいきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。